ニュース

アパマンショップはブラック企業!?「スプレー缶100本穴あけ」で闇が深いと話題に!

アパマンショップはブラック企業 札幌爆発 スプレー缶100本穴あけ 

札幌爆発事故が、不動産仲介会社「アパマンショップ」での除菌消臭スプレー缶100本に穴を開ける作業をしていたところに給湯器を使用したことで引火してしまったことが原因だった、ということが判明して

女性
女性
アパマンショップってブラック企業なのでは?

ということが話題になっています。

札幌爆発の原因が除菌消臭スプレーだった件に関しては、こちらの記事にも詳しくまとめています。

札幌爆発 除菌消臭スプレーが原因 スプレー缶 アパマンショップんの責任や火災保険の適用は
【札幌爆発】除菌消臭スプレーが原因だった!アパマンショップの責任や火災保険の適用は?2018年12月16日の夜に札幌で起こった爆発事件の原因がわかってきました。 当初はガス漏れから居酒屋から爆発したのでは?と思われてい...

アパマンショップはブラック企業なのか?

結論からいうと、アパマンショップはブラック企業である可能性は非常に高いです。

作業時間がブラック

日曜日の夜に未使用の除菌消臭スプレーの缶120本を廃棄処理する作業をしていたがわかっています。

不動産関係の会社は、土日は営業であることが多いので、日曜日でも出勤していた可能性は考えられると思います。

勤務時間が何時までだったのかはわかりませんが、8時過ぎは残業だった可能性は否めません。

隠蔽体質がブラック

2018年の記者会見で、廃棄しようとしていたスプレー缶が未使用のものだったことが発覚しました。

なぜ未使用のスプレー缶を廃棄しなければならなかったんでしょうか?

どうやらアパマンショップで契約すると契約書に含まれていた「消臭抗菌代」と深い関係があるようです。

アパマンショップの”消臭抗菌代”って?

2010年のyahoo知恵袋で、アパマンショップで契約を進めている際に、契約書に「消臭抗菌代」20000円という項目があることに違和感を覚える、という相談がされていたことが話題になっていました。

どうやら今回の爆発の原因となった除菌消臭スプレーを使って

「消臭抗菌代」という名の下、アパマン社員が直々に契約した部屋の除菌を行う作業を行っていたようです。

ですが実際は、施工が行えていなかったことが、会見の中で言及されていました。

未使用のスプレーを廃棄しなければならない、というが意味するのは、料金だけ請求して「実際には作業をしてない」という事を隠蔽するためだった可能性が大いに考えられます。

業務過多でブラック

2018年12月18日に行われたアパマンショップ北海道支社の社長による会見で、

この「消臭抗菌代」で行う作業については

依頼があったのに施工できていなかった

依頼が多すぎて回りきれていなかった

と聞いていると話しています。

これはもう業務過多であった決定的な証拠であると言えるでしょう。

利益第一が見え見えでブラック

どうやらアパマンの社長が消臭剤の会社の取締役もしてるらしい、という疑惑が持ち上がっています。

というのも、この問題の除菌消臭スプレーは「ヘアシュ」という商品で

全国賃貸管理ビジネス協会の推奨商品となっていたことがわかりました!

このビジネス協会は、アパマン本部の社長と大いに関係があるそうです。

 

また不動産業界では、業界内でコンテストのようなものもあって、この除菌脱臭剤の本数も審査対象になってるらしいのです。

つまり、この除菌消臭スプレーを使用することによって、契約者は多額のいらない請求をされてアパマンショップは利益を得る仕組みができるようです。

これはもう闇が深すぎて恐ろしい…

アパマンショップが利益主義なのがよくわかります。

アパマン北海道支社の社長が謝罪会見

2018年12月18日にアパマンショップ北海道支社の社長が謝罪会見を行いました。

…あれだけの事故を起こしておいて、本部の社長は出てこないんですね。

緊張からなのか、社長の敬語がなんだかおかしいです…

これで社長というのはちょっとどうなんでしょうか。

スポンサーリンク



まとめ

札幌爆発事件の原因から、アパマンショップがブラック企業なのではないか?ということをまとめてみました。

スプレー缶100本以上も一気に処理しなければならないところが、やはりただならぬ事情が隠されていると思ってしまうところであり、アパマンショップの闇はかなり深いのではないかと思われます。

アパマン社長の謝罪会見を見ると、やはりアパマンショップはブラック企業である、と言って差し支えない気がしました。

今回は北海道支社の社長が会見しましたが、今後アパマン本部の社長は会見するのでしょうか?

今後の動向にも注目が集まります。

スポンサーリンク