ニュース

【不安】日向灘で地震が頻発!南海トラフの前兆?引き金となる可能性は?

2018年12月25日に宮崎県の日向灘でM4の地震が頻発していて心配な声が上がっています。

日向灘で地震が続くと巨大地震が起こるようなイメージがあるので不安ですよね…

日向灘ってどこ?

日向灘とは、宮城県と大分県の沖合にある海域のことを指します。

 

日向灘地震は、南海トラフの西端に位置する日向灘で起こる海溝型の地震のことで

過去にも何度も大地震が起こっています。

日向灘の地震は南海トラフ地震の前兆?引き金となる可能性は?

日向灘で地震が起こると、東海・南海トラフ巨大地震を誘発するという説があります。

1707年に死者2万人を出した南海トラフ地震「宝永地震」は、日向灘地震が引き金となって起こったと言われています。

過去に発生している事例があることから、今回の地震が南海トラフ地震の前兆や引き金となる可能性は否めません。

「備えあれば憂いなし」

ということわざもあるように、いつ、どこで、何が起きても焦らず冷静に対応できるように、準備だけは入念にしておきたいと思います。

公開日:2018年12月25日