ニュース

AKS松村匠はとんねるずみなさんのADスタッフだった!事件隠蔽の理由とは?

AKS松村匠 

2019年1月14日にNGT48の運営会社であるAKSの社長・松村匠氏が謝罪会見を行いました。

一番左の方が松村匠氏なのですが、松村匠氏を見て

女性
女性
あれ?見たことある!

と思った人が多数!

なんと!松村匠社長はどうやら「とんねるずのみなさんのおかげでした」の番組ADスタッフだったことが判明しました!

 

山口真帆暴行事件の経緯についてはこちらにわかりやすくまとめています

NGT山口真帆暴行事件
NGT山口真帆暴行事件の経緯を時系列でわかりやすくまとめました!2019年1月9日に明らかになったNGT山口真帆さんの暴行事件 事件の経緯が複雑になってきたので、簡単に事件の経緯を整理してみたいと思...

AKS松村匠は元「とんねるずのみなさんのおかげでした」のAD

松村匠さんといえば、この人力車のコントが有名

松村匠プロフィール

 

大阪府大阪市西成区天下茶屋の出身

大阪府立北野高等学校卒業で大学は慶應義塾大学経済学部を卒業しています。

Wikipediaによると

1992年、当時ADだった松村は、『とんねるずのみなさんのおかげです』のコントで人力車夫役を演じた際、石橋と木梨を人力車に乗せ、動かした瞬間、松村の体重が軽かったため松村自身の体が宙に浮き人力車は石橋と木梨の2人を乗せたまま後ろに倒れてしまった。さらには、坂道から下るシーンを収録した際は、松村の体重では人力車を止めきれず、勢いそのままに石橋と木梨を乗せたまま目の前のセットの壁に激突した。

2000年夏に『とんねるずのみなさんのおかげでした』で野猿の新メンバー候補になったにもかかわらず惨敗し、大玉の餌食になった。

当時は「とんねるずのみなさんのおかげでした」のADでしたが、その後プロデューサーを経て、フジテレビジョン事業局企画部長や編成制作局バラエティー制作センター副部長兼チーフプロデューサーも務めていらっしゃいました!

はるかぜ
はるかぜ
結構すごい方だったんですね!

フジテレビを退社してから現在は、AKSに所属しコンテンツビジネス本部の本部長に就任

松村匠さんは、AKSに入ってから、AKB48プロジェクトのプロデューサーとして主に映像作品のプロヂュースを担当

AKB48関連のテレビ番組をプロデュースなどに携わっています。

AKS松村匠は元テレビ局スタッフ!AKS社長はコネでなったの?

AKSが運営を担当している48グループと言えば、秋元康さん。

秋元康さんは、とんねるずに楽曲を提供していたりと、芸能界でも仲がよいのは周知の事実。

ADの仕事柄、とんねるずと関わることが多かった松村匠さんなので

秋元康さんやその周辺スタッフと知り合う機会は多々あったのではないでしょうか!

フジテレビでは事業局企画部長なども務めていたので、実力はもともとあったのでしょうね!

運営責任者や社長の地位は、血縁関係などがない限り、コネだけでは難しいように感じます。

恐らくこの方面での能力を発揮されて実力を買われたのではないかな、と想像できます。

コントに出ていたころからは想像できませんが、実はめちゃめちゃやり手だったんですね!

意外です!

AKS松村匠が謝罪会見!隠蔽の理由は?

2019年1月14日にNGT48運営会社AKSの運営責任者及び取締役社長として、松村匠氏が謝罪会見を行いました。

会見の内容はこちら

「このたびの件に関しましていろいろと皆様に迷惑ご心配をおかけしたこと、メンバーやファンの方々に不安な思いをさせてしまったことをおわび申し上げます」

-NGT48劇場支配人に早川麻依子氏、副支配人に岡田剛氏が就任した

「早川が女性ということで、女性という立場を理解し、NGT48というグループを盛り上げてもらいたいという思いから彼女を起用した」

-事件から初めてメディアの前に出るのに時間がかかった

「おわびを申し上げるしかない。まず警察の捜査状況を鑑みていたというのが理由です」

-事件の情報が交錯している

「警察の捜査内容に関わることなので、コメントは差し控えさせていただければ」

-第三者委員会を設置するが

「皆さんにご協力いただき、なるべく早く結論を出したいと思っている。弁護士の方に数名、入っていただいて、組織をつくっていきたいなと思います」

-メンバーはショックを受けている。どういう説明を

「冒頭でも話したように、申し訳ないという内容を話しました。新支配人に関しては、就任間もないということで、これからメンバーと会って、1人ずつ向き合って、今後NGT48が良くなるようにしていきたいと思う」

-被害者であるはずの山口が、先にマイクを握って説明をする形になった

「大変申し訳ないという気持ちでいっぱい。責任者として私の責任だと思う。警察の捜査が絡んでおりましたので、警察とのやりとりをさせていただいていた」

-山口がコメントする10日の公演前までに、運営としてリリースを出さなかった

「最終的な確認が必要だった。非常にナーバスなことであると、皆さんには理解いただいていると思う」

-今村前支配人には、辞任を求める署名も起きた。引責による人事か

「そういうことでは一切なく、(新支配人が)女性の立場をよく理解し、新しいNGTを創出したいということです」

-本人からの申し出はなかったか

「そうですね。こちらの人事異動ですから」

-支配人交代はメンバーには伝えたか

「これからになる。2人(支配人、副支配人)もメンバー全員と向き合ってないので、そういう過程の中で行われるのかなと思う」

-事件が山口本人発信になった経緯は

「メンバーの保護ということと、もしオープンになったとき、二次的なもの(被害)が及ぶのではないかと私の方で考えた。結果的にああいうことになってしまって、大変申し訳なかったと思っているが、(運営と)本人とのコミュニケーションをしっかりやっていなかったのは私の責任であると思う。それを含めて再発防止に努めたい。全社を挙げて真摯(しんし)に向き合って、二度とあってはならないので、身を引き締めてまい進していく」

-ファンがメンバーとマンションに住んでいるとの情報もある

「繰り返しになってしまうが、警察の捜査内容に関わることなので、コメントは差し控えさせていただきたい。メンバーの違法性がないということは、警察から見解をいただいていますし、今後メンバーとしての不適切な行動については、調査をさせていただきたい」

-メンバーに対する罰則については

「アイドルはファンの皆さんの応援をいただいて初めて成り立っている。ファンの方をがっかりさせることはあってはいけないと思う。再発防止に努めて、明るく楽しいNGTを創出してもらいたい」

-山口の帰宅時間を推定できる発言をしたとされるメンバーについては

「不適切なNGTの行動、言動については、第三者委員会で諮問をいただいて(処分を)判断していく」

-山口さんに弁明をさせて、盾にしてしまった形になった

「ご指摘はごもっともです。すべての責任は私だと思う。今後は起こらないように、メンバー、運営でコミュニケーションを取っていきたい。それが不足していたことは否めない」

-山口さんに最初に説明させるという意思について

「ああいう形になってしまって、私の方の考えがあさはかだった。しかも被害者が謝罪をする、ということは深く深く反省しています」

-あらぬ嫌疑をかけられたメンバーもいる

「具体的な内容を明かすと不備が出てくる。ご遠慮下さい。ただ、警備を徹底していくことに変わりありません。AKSには、メンタルカウンセラーの先生が常駐でいらっしゃるので、その方々が通常からやってくれているが、今後もメンバーのケアをさせていただきたい」

-メンバー間の風紀の乱れは感じていたのか

「違法性の問題ではおっしゃる風紀というのは、常々気にしていることです。ファンの方あってのメンバーだし、我々だし、ファンの方が見て『風紀が』という部分は正していかないといけない」

-男らが山口の向かいの部屋から出てきたという発言がある

「捜査内容に関わるので、コメントは差し控えさせていただきたい」

-不適切な行動があったと把握しているのは、複数名か

「それも第三者委員会で調査させていただきたい」

-山口はメンバーが男らに住所を教えたとコメントしている。しかし発表は「帰宅を推定できる時間」だけ。調査の中で、それしか把握できなかったということか

「コメントを差し控えさせていただきたい」

-第三者委員会での報告のメド

「早急に取りかかり、出していかないといけないが、迅速かつ丁寧に対処していかないといけないと思っている」

-不適切な行動があったと分かった場合はメンバーの処分となるか

「第三者委員会の諮問をいただいてから判断させていただく」

-メンバーたちは今回、勇気を振り絞ってSNS等で発信している。今後、その締め付けが厳しくなることにつながりかねない

「今まで以上にコミュニケーションを取って、お互いが理解しあって、明るいNGTというのを作り上げていくということを実行していければ、解決していくのでは」

-山口さんの様子は

「山口もそうだが、山口以外にも、当然ながらメンバー全員がメンタル的にも大変な思いをしている。それは私の責任。ケアしていかなければいけない」

-今後の劇場公演の予定は

「22日に劇場公演を予定していますけど、メンバーと相談していきたい」

-今村氏が状況を説明したい意向はあったのか

「私が運営統括責任なので、すべてお話をすることにした」

-今村氏は

本人も責任を感じていると思う」

-総合プロデューサーの秋元康氏は

「大変憂慮されている。運営は私が進めておりますので、叱責(しっせき)されました。当然です。『しっかりとメンバーとメンバーをケアしていくというのは、運営の責任者の仕事。経験もあるわけだから』と」

-犯人捜しが永遠に続く懸念がある

「第三者委員会で調べ、迅速かつ丁寧に進めていくのが最優先事項かなと思います」

-週刊誌に、事件直後の内部資料が流出した

「情報管理、どこからどういう経緯で出たのか分かりませんが、管理。本当に発信されたものかどうかも含め調べたい」

Yahooニュースより

対応が送れたことについては、メンバーの保護と事件がオープンにになってしまったときの、被害者の方への二次被害を考えての判断だったと話しています。

ですが、その他、メンバーの関与や同じマンション内に男が住んでいた等の、核心をつくような質問には

「警察の調査中で話せない」

の一点張り。

結局、こういう会見では事実は明らかにならないんですよね。肝心なことはやっぱりよくわかりませんでした。

また、秋元康さんからは叱咤されたと話していますが、秋元さんは出てきてコメントされないんでしょうかね?

NGT山口真帆暴行事件
【山口真帆暴行事件】秋元康の責任は?NGT運営今村支配人のクズ対応で解散の可能性も?2019年1月9日に明らかになったNGT山口真帆さんの暴行事件 10日NGT運営がやっと口を開きましたが、これまでの対応も含めてNGT...

運営だけでどうにかできてないんだから、そろそろ出てきて何かコメントを出してもいいような気がします。

スポンサーリンク



まとめ

NGT48運営会社であるAKSの責任者がなんと、「とんねるずのみなさんのおかげ」の元スタッフADだったことが発覚!

ちょっとおどろきましたが、山口真帆暴行事件に関するずさんな対応に少しがっかりしました。

テレビ局のスタッフだった経験を生かして、もう少しまともな運営を心がけてほしいと切に願います。

 

スポンサーリンク