ニュース

大野くんが嵐を活動休止したい理由の真相が衝撃的!SMAPの解散が関係していた!?

嵐 大野智

2019年1月27日に、嵐が2020年をもって活動休止する、という衝撃的なニュースが発表され話題になっています。

嵐が活動休止することを決めたのは、大野くんがメンバーに「嵐の活動を終わりにしたい」と話したことがキッカケでした。

なぜ大野くんは嵐の活動を休止にしたいと思ったのでしょうか?

嵐が活動休止を発表!

嵐が活動を休止する理由については、こちらも参照にしてみてください!

嵐が活動休止の理由の真相は3つ!結婚?世代交代?方向性の違い?嵐が活動休止を発表し衝撃が走っています! 2020年は嵐結成の節目の年でもあります。 なぜ活動休止という結論に至ったのでしょうか?...
嵐
嵐が活動休止で冠番組「嵐にしやがれ」「VS嵐」はどうなる?後任の番組はやっぱりジャニーズ?嵐が2020年に活動休止するニュースで衝撃が走っています。 【コメント全文】嵐が活動休止発表 リーダー・大野智が17年6月中旬に提...

大野くんが活動休止したい理由の真相とは?

嵐が活動休止の発表をしたコメントによると、大野くんが活動休止したいと言い出していることがわかります。

2017年6月頃に僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを伝えました。その内容は、2020年を持って嵐としての活動を終えたいと嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ5人それぞれの道を歩いてもいいのではないかと、また勝手ではありますが、一度、何事にも縛られない自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました。

大野くんは

何事にも縛られない自由な生活をしたい

と話しています。

大野くんが嵐の活動休止をしたかった本当の理由は一体何なのでしょうか?

大野くんが嵐の活動を休止にしたかった理由の真相が衝撃的!SMAPの解散が関係していた?

大野くんは会見で、活動休止を考えるようになったのは、15周年を迎えた3年ほど前に考えるようになったと話しています。

SMAPが解散したのは2016年12月31日、解散まではさまざまな報道がされていました。

大野くんが嵐のメンバーに嵐の活動について話をしたのが2017年6月とあるので、SMAPの解散が今回の嵐の活動休止に影響を与えている可能性は十分考えられます。

大野くんは2016年の紅白歌合戦でSMAPの解散について

僕ら5人にとっても偉大過ぎて、寂しい気持ち一緒にお仕事させていただいたこともたくさんある

僕らにとっても一生の宝物

先輩にたくさん学んだことを受け継いで僕らなりにこれからもやっていこうと思いました

大野くんはSMAPを尊敬していたことがわかります。

目標にしていたSMAPという先輩グループが、あんな形で解散に陥ってしまったことで

嵐として活動することに疑問を感じ始めたのかもしれません。

 

また、アーティスト基質の強い大野くんなので、こういった事務所とのしがらみなどを考えていくうちに、グループとして活動することに疲れてしまったのかもしれません。

大野くんの言う

何事にも縛られない自由な生活をしたい」

という言葉の裏側には、こういう事情が隠れているようにも感じてしました。

嵐の記者会見で大野くんが語ったことは?

2019年1月27日に嵐が記者会見を開きました。

記者会見でも大野くんは、普通の生活を送ってみたいと話していましたね。

10代でデビューして、普通の人が友達と遊んだり、旅行に行ったり、恋愛をしたり、としていう時に、芸能人としてお仕事をしていて色々経験できなかった、その景色を見てみたい、と思うのは当然のことかもしれません。

大野くんは、自分の勝手な理由で嵐としての活動を終えるなら、事務所も辞めなければならないと考えていたんですね。

本当に責任感が強い方ですね!

活動休止は解散ではなく、「大野くんの夏休み」と言っていたのがとても印象に残っています。

大野くんも、また再開するときに1人だけ劣化したと言われないように、休み中も現状を維持していきたいと語っていましたし

いずれまた嵐を再開させることは、頭の片隅にあるのだな、と感じました!

その日を心待ちにしたいと思います!

スポンサーリンク



まとめ

嵐が2020年に活動を休止にしようときっかけとなった、リーダー大野智さんの嵐の活動休止をしたいと思った本当の理由や真相についてまとめてみました。

嵐の活動休止は本当にショックで、悲しくてたまりませんが、5人が別々に活動する姿を応援していきたいと思います。

そして、いつか活動休止を終えて、また5人で嵐として活動してくれる日を待ちたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク


 

公開日:2019年1月27日