ニュース

堀ちえみの舌癌を誤診したかかりつけ歯科医院はどこ?医師が誰かも調査!

堀ちえみ 舌癌 歯科医院 医師 誰 誤診 

2019年2月に堀ちえみさんが舌癌の闘病中であることを公表されました。

すでにステージ4と診断されていて、2019年2月22日に手術をすることが決定しているそうです。

続報!

堀ちえみさんの手術が無事に終了したことがわかりました!結果は?

堀ちえみ 手術 結果 成功 術後 経過 今後 再発
堀ちえみの手術結果は成功!?術後の経過は?今後再発の可能性は?2019年2月22日に舌癌の手術を受けた堀ちえみさん 同日に手術が無事に終わったことがわかりました。 手術の結果やその後の経過につい...

 

堀ちえみさんが舌癌を診断されるまでの経緯の中で、

何度も医師に診てもらっているのに、ステージ4になるまで舌癌だと診断されなかった

ことが書かれていますが、なぜ舌癌だと診断できなかったのでしょうか?

ネットでは「誤診ではないか?」と話題になっています。

 

堀ちえみ 痩せた理由 舌癌 ステージ4 末期がん 生存率 余命
堀ちえみが痩せた理由は舌癌だった!ステージ4は末期で余命半年?(画像)堀ちえみさんが2019年2月19日に舌癌を自身のブログで公表し話題になっています。 すでにステージ4と診断されていて、2019年2月2...

堀ちえみが舌癌を発表!

2019年2月19日に堀ちえみさんが自身のブログで舌癌の闘病中であることを発表しました。

スポンサーリンク


堀ちえみの舌癌発覚の経緯は?

堀ちえみ 舌癌 ステージ4 経緯舌癌の闘病中であることを公表した堀ちえみさん

堀ちえみさんは2018年の夏頃口内炎が舌の裏にできたそうです。

なかなか治らないので同年11月頃歯科を受診し、レーザーで焼くなどの治療を受けていました

その頃には下の左側にしこりのような腫瘍ができてしまっていました。

堀ちえみさんは2016年頃からもともとリウマチで薬を飲んでいたので、その主治医に相談したところ

「飲んでいる薬の副作用の1つに
口内炎の症状が出る事もよくあるので
薬を暫くストップして様子を見ましょう」
 

と言われ、投薬をストップし様子を見ていたけれど、それでも一向に良くならず

2019年に入ると食べ物も食べられなくなってしまっていました。

2019年1月21日に大学病院を受診

堀ちえみさんは口腔癌(左舌扁平上皮癌)と診断

左首のリンパ節にも転移が見られる状態でした。

2019年2月19日に入院し、22日に手術の予定になっています。

スポンサーリンク



堀ちえみの舌癌を見落としたかかりつけ歯科医院はどこ?医師は誰?

堀ちえみさんのブログには

最初は昨年夏頃に、
舌の裏側に小さい口内炎ができました。
 
治りが遅いので、
病院で診ていただきまして、
その時は塗り薬や貼り薬、
ビタミン剤などを処方して貰いました。
 
しかし11月になっても、
少しも良くならず、
酷くなる一方。
 
痛みも増して辛くなり、
掛かりつけの歯科医院に行き、
診察を受けました。
 
そして何度かレーザーで、
焼いて貰ったりもしました。
 

とあります。

口内炎と診断しビタミン剤や塗り薬を処方してた医師

レーザー治療をしていたかかりつけの歯科医師

が、舌癌の初期段階だった堀ちえみさんの口腔内を診察した医師たちであることがわかります。

この医師や歯科医師は誰で、その病院や歯科医院はどこにあるのでしょうか?

調べてみましたが、その医師たちや病院の場所をを特定することはできませんでした

 

当初は口内炎だと思っていた堀ちえみさん

ちょっと病院へ行くぐらいであれば、近所の病院へ行く可能性は高いと思います。

また、歯科医院は「かかりつけ」と話しているので

以前から通っていた信頼できる歯科医院だったのではないでしょうか?

 

堀ちえみさんは、現在東京都文京区茗荷谷、または春日に在住している

という情報があります。

堀ちえみ 自宅堀ちえみさんの東京都文京区にある自宅豪邸

火曜サプライズに出演された際に自宅を公開していました!

 

最初にかかった病院やかかりつけの歯科医院は文京区にある可能性も十分考えられます。

 

詳しい情報が入り次第、こちらにも追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



堀ちえみの舌癌は誤診が原因?なぜ診断が遅れたの?

堀ちえみ 舌癌 歯科医院 医師 誰 誤診 

堀ちえみさんは、口内炎がなかなか治らないと、初期の段階で病院に行ったにも関わらず、舌癌だとは診断されませんでした

なぜ診断が遅れてしまったのでしょうか?

原因1:舌癌は発症率が低い

癌の好発年齢は、50代後半と言われていますが、舌癌は20代~30代の若者でも発症する、という特徴があるものの、その発症率は他の部位の癌に比べて低いです。

専門医でないと診断が難しい可能性があります。

原因2:舌癌は進行が早い

舌癌は発見が遅れるとすぐに進行してしまいます。

堀ちえみさんが口内炎に気づいたのが2018年の夏

なかなか治らないとかかりつけの歯科医院にかかったのが同年の11月

この頃にはすでに腫瘍ができていて、約3ヶ月でかなり進行してしまっていることがわかります。

原因3:リウマチの薬を内服していた

堀ちえみさんはリウマチの治療薬を服薬していました。

その薬の副作用に”口内炎”というものがあるので、医師はまず薬物の副作用を疑うことは一般的な診断であると考えられます。

 

医師は万能ではないため、時には見落としてしまうこともあるでしょう。

ですが、一向に良くならない、とか、少しでも不審な感じがしたら、セカンドオピニオンや病院を変えたり、大きな病院に行ってみる、ということをしてみてもいいのかな、と感じました。

スポンサーリンク


堀ちえみの舌癌は誤診?ネットの声まとめ!

舌癌の診断は難しく、医師も万能ではないことはわかりますが

やはり少なからず、医師がもう少し早く診断できていたら、と思ってしまいますよね。

2019年2月22日に手術を受ける予定になっている堀ちえみさん

どうか少しでも癌を取り除くことができますように。そして、少しでも長く生きられますように、成功と無事を祈っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク