ニュース

豊田市三つ子虐待事件に署名で執行猶予を!実刑判決は誰のためにもならない!

豊田市三つ子虐待事件 署名 執行猶予 

愛知県豊田市で起きた生後11ヶ月の三つ子の時間を叩きつけて死なせてしまったという事件が話題になっています。

この事件は、子どもを育てている人にとっては他人事ではありません

あなたはどう思いますか?

豊田市三つ子虐待事件とは

愛知県豊田市で起きた生後11ヶ月の三つ子の次男を叩きつけて死なせてしまった事件。

報道によると

 生後11カ月の三つ子の次男を床にたたきつけて死なせたとして、傷害致死の罪に問われた愛知県豊田市の元派遣社員、松下園理被告(30)に対する裁判員裁判の判決が15日、名古屋地裁岡崎支部であった。野村充裁判長は懲役3年6カ月(求刑懲役6年)の実刑判決言い渡した。

 判決によると、松下被告は次男の泣き声にいらだち、2018年1月11日午後7時ごろ、自宅で次男を畳に2回たたきつけ、脳損傷により死なせた

 判決は、被告は犯行時、うつ病の状態だったが、完全責任能力があったと認定。野村裁判長は「無抵抗、無防備の被害者を畳の上に2回たたきつける態様は、危険性が高く悪質」などと量刑理由を述べた。

朝日新聞デジタルより

当時のお母さんは

  • 睡眠時間1時間
  • ミルクは1日24回
  • 3人とも低体重児
  • 次男は成長が遅く、吐き戻しが多かったりで泣くことが多く手がかかった
  • 赤ちゃんの泣き声を聞くと動悸がしていた
  • 産後鬱の状態だった

と、かなり過酷な状況にあったことがわかっています。

赤ちゃんの泣き声を聞くと動悸がしていて、すでに産後鬱の状態でした。

もちろんそれが虐待していい理由にはなりませんが、

なぜこうなる前にもっと手を差し伸べてあげられなかったのか、悔やまれてなりません。

実家や夫のサポートは?

報道から分かる範囲でまとめます

両親は飲食店を経営→頼れないので、5月半ばに夫の待つ自宅に戻っています

確かに、自営業ではずっと頼るわけにはいかないですよね…

気になる旦那さんですが、夫は5月から育休を6ヶ月取得していた、とあります。

半年も育休が取れる会社なので、大企業にお勤めなのかもしれません。

生後6ヶ月までは、夫もそれなりに育児には参加していたでしょう。(三つ子なのでせざるを得ない状況だと思います)

ですが

おむつの取り換えに失敗したり、抱っこすると子供が泣いたりする夫を、次第に頼らなくなった。

とあります。

これも、おそらく産後のホルモンの影響で、子育てにもたもたしている夫を見てイライラしてしまい、「もういい!」となってしまったのかもしれません。

産後はなぜか夫にイライラしてしまうんですよね。

夫も一生懸命やっているのは十分わかっているのですが、お母さんのほうがやはり圧倒的に回数をこなしています。

同時に親になったはずなんですが、スキルにやはり差が出てしまうのは仕方がないこと。

ただでさえ三つ子で忙しいのに、夫がさらにもたもたしているとイライラしてしまうことはあると思います。

「次第に頼らなくなった」

というのがそれを物語っているような気がします。

 

この事件で、父親の情報がない分、父親を責める声も多数きかれます。

お父さんの情報はこれだけなので、正直どの程度育児に関わっていて、どのぐらいサポートしていたのかはわかりません。

一つはっきりわかることは、当事者である父親も赤ちゃんの死を悲しんでいる、ということ。

絶対、もっとあの時こうしておけば、と後悔していると思います。

情報がないまま父親を責めてしまうのは危険です。

行政のサポートはなかったの?

女性
女性
「もっと助けを求めるべきだったのでは?」

という声も多数きかれますが、このお母さんはちゃんと助けを求めていました。

 

出産前、子育ての不安を市に相談していた

→パンフレットを渡されただけ

妊娠したときに三つ子であることがわかった時点で、育児が大変なことになることはきちんと予測されていて、妊娠中に行政に相談しているんです。

パンフレットを渡されただけ、という対応はいかがなものなんでしょうか?

 

また、実際に育児が始まった後も保健師さんに助けを求めています。

→ファミサポを進められたが、事前面談が必要、3人を連れて行くことはできなかった

実際に自宅を訪問して、三つ子の育児を目の当たりにしているはずなのに、よく面談に行ってくださいって言えますよね。

自宅に来てもらえるように手配したり、付き添っていったりするのがサポートなのではないでしょうか?

豊田市三つ子虐待事件に署名を!

豊田市三つ子虐待事件で実刑判決が出たことに対し、SNSでは育児経験者を中心に擁護の声が広がっています。

オンライン署名サイトChange.orgでは、「母親が子育てしながら罪を償えるように」と、執行猶予を求めるキャンペーンも始まっています

豊田市のみつご虐待死事件で、3年6ヶ月の実刑判決が出ました。(2018年1月11日、三つ子の次男を脳挫傷で死なせてしまうという事件です。)

虐待死は許されることではありません。でも、3年6ヶ月は長すぎます残った二人のお子さんは乳児院に預けられているそうです。服役を終えて出てきた時、二人のお子さんは5歳半です。11ヶ月から5歳半まで乳児院で母親に会えずに過ごすことになります彼女にとっては、残った2人の子どもに向き合って育てながら罪を償うほうがいいと思います。

だから、実刑判決ではなく、執行猶予付きの判決を求めます。(「平成21年以降に起きた多胎の母親が多胎児が生後1年以内起こした傷害致死事件」で初めての実刑判決です。)

ぜひ、署名していただき、このお母さんを、子育てをしながら罪を償わせてあげてください!

どうか、三つ子育ての過酷さを想像していただき、次の判決で執行猶予がつくよう、署名をお願いします

執行猶予がついたら、彼女は、残った2人の子どもに向き合って育てながら、罪を償っていかれるはずです。

どうか、一番かわいい時期の2人の子供を、手元で育てさせてあげてください。よろしくお願いいたします。

命を奪ってしまった罪は確かに重いです。

また、「この母親の精神状態で、また子育てをさせるのは残酷ではないか」という声もありますが、

母親自体が「実家に戻って育児をしたい」と話していること

また、執行猶予がついても、すぐに子どもたちが戻ってくるわけではなく、サポート体制を整えて、まずは面会からという形で進んでいくそうです。

執行猶予がついたら、お母さんはきっと残った子どもたちに向き合って育てながら、罪を償っていくでしょう。

残された子どもたちももうすぐ1歳になります。

1歳の子どもは、大人が思った以上によくわかっています。

今、この瞬間もお母さんに会えない状況に不安を感じているかもしれません。

残された二人の子どもたちにとっても、このままお母さんに会えずに乳児院で暮らすより、母親との絆や愛情を感じて育ったほうが幸せなのではないかと思います。

 

署名はこちらから

豊田市三つ子(次男)虐待事件に署名を!執行猶予を求める声多数!

一人でも二人でも、双子でも三つ子でも…世の中のお母さんたちは子育ての大変さを経験しているからこそ、この事件に胸を痛めています。

スポンサーリンク



まとめ

もちろんどんな理由があろうとも、どんな事情があろうとも、自分の子どもを殺してしまうなんて、絶対にあってはならないことです。

殺人の罪は一生消えることはありません。

ですが、このお母さんが残った2人の子どもに向き合って子育てすることで、罪を償っていけるのではないかと感じました。

どうか一番かわいい時期の2人の子どもを手元で育てることができるよう、協力できたらいいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

署名はこちらから

 

 

スポンサーリンク


 

公開日:2019年3月22日