ニュース

万葉集「梅の花の歌」32首序文の全文はこれ!意味をわかりやすく解説しました!

万葉集 梅の花の歌32首 序文 全文 意味 わかりやすく解説

2019年4月1日11時半に新元号が発表されました!

新元号は「令和(れいわ)」

日本の古典から出典されるのは初めてということで、「万葉集」が話題になっています。

万葉集「梅の花の歌」32首序文の全文や意味についてまとめてみました。

令和は”万葉集”梅の花の歌32首序文から出典!全文はこれ!

新元号「令和(れいわ)」は万葉集の梅の花32首の序文から出典されました。

全文はこちら

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述※1(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

万葉集入門より

引用された部分は

「時、初春の月(れいげつ)にして、氣淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。」 

この部分の「令」と「和」を取って「令和(れいわ)」となりました

スポンサーリンク


”万葉集”梅の花の歌32首序文の意味をわかりやすく解説!

万葉集「梅の花の歌」32首序文

「時、初春の令月(れいげつ)にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。」 

この詩を現代語にすると

初春の良き月夜、空気は澄み風は和らぎ

梅の花は美女が鏡の前で白粉を装うように花を開き

蘭の花の香りは身を飾った衣に香りを移したような匂いである

となります。

美しい梅の花の情景を頭の中に思い描くことができますね。

この詩の意味から、「令和」という元号には

人々が美しく心寄せ合う中で文化は花咲く

という意味が込められています。

まさに、希望に満ちあふれた、新しい時代を切り開いていくという時代にピッタリの元号であるといえますね。

 

また、安倍総理は

SMAPの名曲「世界に一つだけの花」を引き合いだされ

若者がそれぞれの花を咲かせることのできる日本をつくりたい、とも仰られていました。

「世界に一つだけの花」の歌詞も「オンリーワン」であることを歌っていますし

これからは個人が活躍し、個人が輝く時代になることを表しているようにも感じました。

 

詳しくはこちらにもまとめています。

令和 SMAP 世界に一つだけの花 
令和の意味にSMAP「世界に一つだけの花」が引用された理由は?復活の可能性は?2019年4月1日11時半に新元号が発表されました! 新元号は「令和(れいわ)」 新元号「令和(れいわ」に込められた意味について、安...

スポンサーリンク



万葉集「梅の花の歌」32首序文を読みたい!

新元号が「令和」と決定し、日本の古典である「万葉集」から出店されたことがわかり、万葉集が完売になるほど売れています!

 

「令和」の考案者ではないか?と名前が上がっている中西進氏が書かれた本がありました。

御本人は考案者であることを否定されていますが、万葉集が専門である中西進む氏の本であれば間違いないでしょう!

 

個人的には、難しい本よりも漫画でわかりやすく!という方が好みです(笑)

 

万葉集を読むなんて、おそらく学生時代以来という方も多いのではないでしょうか!

この機会にもう一度「万葉集」を読んでみるのもいいかもしれませんね!

まとめ

万葉集「梅の花の歌」32首序文の全文と意味についてまとめてみました。

「令和」の時代がどんな時代になっていくのか

歌の意味のような素敵な時代になっていくといいな、と思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク