ニュース

渋沢栄一の性癖がヤバイ?女好きで愛人もいた!?肖像画に選ばれなかった理由はひげだった!

渋沢栄一 性癖 女好き 

新一万円札の肖像画に選ばれた渋沢栄一さん

「日本資本主義の父」と呼ばれ、日本経済の発展にはなくてはならない人物でした。

これまでの功績から、何度も紙幣の肖像画候補に上がったことがありましたが、なんと「当時では珍しい”性癖”があったため、採用されなかった過去があった」、という情報がありますが、一体どういうことなんでしょうか?

渋沢栄一の性癖がヤバイ!?女好きで愛人もいた!

渋沢栄一

ツイッターによると、渋沢栄一さんのWikipediaには

当時としては珍しく多様な性癖があったとも伝えられており、この様な事から過去に何度も紙幣の肖像画への採用が検討されるも見送られてきた事がある。

と書いてあるとあります。

(現在Wikipediaからこの文章は削除されてしまったようです)

はっきり「性癖」って書いてありますね!

 

また、

仕事ぶりは真面目であるが、かなりの女好きであったと言われ、実際に妻以外に二人の女性(一人は愛人、もう一人は後に離婚・再婚し後妻になった。)との間に子供が七人(全員で10人)居た事が判明している。

これに関しては、Wikipediaにも「女性関係が派手だった」という記述があり、庶子を合わせると子どもは20人くらいになることからも

かなり女性関係は複雑であったことがわかっています。

 

調べてみましたが、どんな性癖があったのかは情報がありませんでした

渋沢栄一 若い頃 画像若い頃の渋沢栄一

若い頃の渋沢栄一さんは、端正な顔立ちで女性にモテそうですよね!

「奥さん以外に何人も女性がいた」ということが

当時にしたらありえないことで、それを”性癖”と呼んだのかもしれません。

スポンサーリンク


渋沢栄一が肖像画に選ばれなかった理由がえげつない!?

渋沢栄一 深谷の偉人

渋沢栄一さんは過去に何度も紙幣の肖像画候補にあがっているものの、一度も選ばれたことはありませんでした。

伊藤博文さんと1000円札の肖像画を争ったときに肖像画に選ばれなかった理由は

「ひげがない」

から

今のように偽造防止技術が進歩しておらずひげを生やしていない渋沢は肖像が複雑にならないため落選した

昔の技術では偽造防止のためには「ひげ」が必要だったのですね。

現在はひげがなくとも偽造防止対策はいくらでもできますし、性癖に寛容になった現代社会において渋沢栄一さんは満を持して選ばれたのかもしれません。

 

渋沢栄一さんの故郷、埼玉県深谷市が熱い!

渋沢栄一 深谷の偉人 新一万円 
渋沢栄一は深谷の偉人!新一万円観光に行くおすすめスポット5選(画像)政府は20124年度の上期をめどに1万円札、5千円札、千円札の紙幣が新しくなることを発表しました。 1万円札は福沢諭吉...

渋沢栄一の性癖がヤバイ!?ネットの反応は?

 

 

スポンサーリンク



まとめ

新一万円の肖像画に選ばれた渋沢栄一さんについてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク


公開日: