テレビ番組

【ダウンタウンDX】梅宮辰夫が激ヤセしすぎていて心配!がん再発?余命一年って本当?

2018年12月13日放送のダウンタウンDXに梅宮辰夫さんが出演されましたが、

その痩せ過ぎて別人の様になってしまった梅宮辰夫さんの姿に心配する声が上がっています。

梅宮辰夫さんは、これまでダウンタウンDXになんと46回出演されていて、番組の中で昔の映像を振り返っていますが、

明らかに痩せ過ぎて人相が変わっていますし、現在は話す声に張りもありません

やはり病気なのではないでしょうか。

梅宮辰夫ダウンタウンDXに出演!激ヤセの画像がヤバイ!昔の画像と比較!

こちらが2018年12月13日のダウンタウンDXに出演した際の梅宮辰夫さんの画像です。

これは…かなり痩せてしまっています!最初は梅宮辰夫さんだとは気づきませんでした!

 

こちらは2018年5月に手術を終えた後の梅宮辰夫さんです。

梅宮辰夫 激ヤセ 

手術で10キロ痩せていて、この時も激やせした!と話題になっていましたが

現在さらに痩せてしまっていますよね…

 

こちらは、2015年にダウンタウンDXに出演されたときの画像です。

はるかぜ
はるかぜ
違いが明らか!

これは本当に心配です。

梅宮辰夫の病気は「十二指腸乳頭部がん」

2018年5月に梅宮辰夫さんは十二指腸乳頭部のがんで十二指腸全摘出する大手術を受けていました

梅宮辰夫 激ヤセ がんで手術

経過は良好で、早期発見だったので手術は成功した、と発表されていました。

ですが、手術からわずか半年間でこれだけ痩せてしまっていると、やはりがんが再発している可能性が高いと考えられます。

梅宮辰夫はがんの再発で余命宣告も?残り一年って本当?

梅宮辰夫さんの現在激ヤセしてしまった姿を見ると、やはり「がんの再発」という言葉が浮かんできてしまいます。

十二指腸乳頭部がんは、膵臓、胆道領域のがんの中では比較的予後良好ながん、と言われていますが、がんの進展度によって予後は大きく変わってきます。

十二指腸乳頭部は膵臓に近いため、膵臓に浸潤していたりすると予後は悪くなります。

がんは、検査の段階では早期発見で転移など見られていなくても、実際に手術をしてみて、他の臓器に転移が見つかったり、リンパ節に浸潤していたことがわかったり等、ということも十分考えられます。

がんの再発や転移があった場合、余命は数ヶ月から一年の可能性は十分考えられると思います。

スポンサーリンク



まとめ

梅宮辰夫さんが激ヤセ、がんの再発の可能性や余命についてまとめてみました。

これまでも、がんに罹っていた多くの芸能人が、手術して復帰されて、激やせして、そのまま…というパターンを数多く見てきました。

亡くなるときは、本当にあっという間で信じられないですよね。

梅宮辰夫さんの痩せ方は病的であり、やはり「がん」なのではないか、と個人的には思います。

テレビに出演することが負担になっていないかとても心配です。

スポンサーリンク