テレビ番組

レコ大は買収で2018年は乃木坂2連覇!DA PUMPじゃないのはおかしい!いくら積んだ?

レコ大は買収できる 闇が深い

2018年12月30日にTBS系で日本レコード大賞が放送されました!

大賞は乃木坂46の「シンクロニシティ」となり、乃木坂46は2連覇を果たしました!

ですが、レコ大の大賞は買収できる!という衝撃的なワードが噂が話題になっています!

噂の真相はいかに?

レコ大は買収できるって本当?

レコード大賞の結果に関しては買収できるから予想通りにはいかない、とつぶやいている人が多数いました。

これは一体どういうことなんでしょうか?

レコ大は買収できる!の噂は本当だった!?闇が深い!

2016年の週刊文春に、2015年レコ大に輝いた三代目J Soul Brothersが一億円で審査員を買収していた、という衝撃的な内容がスクープされました。

レコ大買収 週刊文春

この報道がきっかけで、過去のレコード大賞受賞者を見てみると、レコ大大賞の受賞者がある会社に所属しているアーティストやグループばかりであることに気づきます。

レコ大 歴代大賞受賞者 画像

レコード大賞の受賞者の選定は、芸能界のドンと言われているバーニングプロダクションの社長・周防郁雄氏の意向がかなり影響していると言われています。

周防郁雄社長の了承なしには決定されることはありません。

それ故、買収できる芸能プロダクションは、バーニングプロダクションと癒着が強いレーベルや事務所のみ、ということになります。

はるかぜ
はるかぜ
なんか怖いですね…

 

ちなみに、基本的にアーティストはこの買収には関わっていないので、レコ大の大賞に選ばれたときの涙は嘘ではない、と思います。

芸能プロダクションやレコード会社の思惑とは言え、お金を払ってまで取らなければならない賞なのか、疑問に思います。

そんな賞ならいらないですよね。

頑張ってきたアーティストに失礼だと思います。

なぜレコ大は買収できると言われてしまうのか?審査方法が独特すぎる!

レコード大賞の審査基準は、日本作曲家協会によると

「作曲、作詩、編曲を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品とする。優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。審査対象は『優秀作品賞』に選ばれた作品とする」

となっています。

簡単にいうと、審査員の好みで決まる、ということになります。

はるかぜ
はるかぜ
”日本レコード大賞”なのに、その年の審査員の気分で決まってしまうのは、ちょっと納得行かないですよね。

そして、この審査員たちを買収することができれば大賞は簡単に取れる、というシステムであることは否めません。

レコ大買収で乃木坂46が2連覇!DA PUMPじゃないのはおかしい!

2018年のレコ大は乃木坂46の「シンクロニシティ」で、に連覇となりました。

乃木坂46も頑張っていたし、キライではないけど

DA PUMPの「USA」じゃないのはおかしい!という声が多数!

確かに、2018年の顔、といえば、DA PUMPの「USA」

大人から子供まで知っていて認知度も高いし、DA PUMPの再ブレイクというのは重要なポイントだったように感じます。

やはり、レコ大は買収できる、というワードが頭に浮かんできてしまいますね。

 

レコ大2018のDA PUMPに感動した!という方はこちらもどうぞ!

【レコ大2018】DA PUMPがYMCAの振りでリスペクト!KENZOの涙にもらい泣き!2018年12月31日に日本レコード大賞が放送されました! 優秀賞にノミネートしてたDA PUMPの「USA」 「USA」を歌ったと...

【レコ大2018】大賞は乃木坂46!いくら積んだ?

2018年レコ大の結果を受けて、「レコ大はやっぱり買収されている!」の声が上がっています。

一体いくらぐらい積んだのでしょうか?

2015年のレコ大で三代目J Soul Brothersのときには、1億円で買収したと言われています。

今回は乃木坂46は2連覇ですし、もしかしたらそれ以上の額が動いている可能性も考えられます。

スポンサーリンク



まとめ

2018年レコード大賞の受賞者が乃木坂46で、レコ大はやはり買収されているのでは?という噂についてまとめてみました。

個人的には、KENZOさんの涙を見て、やはり2018年はDA PUMPの勢いがすごくあったし、DA PUMPの「USA」に大賞をあげてほしかったなぁと思ってしまいます。

レコード大賞の闇は深い…

スポンサーリンク